tback_mo

 

匂ってよし、嗅いでよし、自分で履いてよし♪

10月15日(水)~10月26日(日)の12日間でTバック持ち帰り(通常2、000円)を無料でプレゼントいたしますよ~。

 

 

今回はTバックについて女性コンパニオンにアンケートをとってみました。

Q.あなたは、普段、Tバックをはく? はかない?

はく……10.8%
はかない……89.2%

はかない派の女子が圧倒的多数! しかし、10人に1人はTバック愛用者であることがわかりました。では、それぞれの意見を見ていきましょう! まずは「はかない」派の理由です。

■「はかない」派/落ち着きません!

・「もらいものが一枚あるが、なんとなく心もとないので、はいたことはない」

・「食い込みが落ち着かない」

慣れていない女子にとって、Tバックはなんとなく落ち着かないもののよう。たしかに大事な部分が守られていないようで、そわそわしますよね。

■「はかない」派/冷え性で……

・「スースーしそう」

・「冷え性だから、すぐに冷えておなか壊しそう」

・「お尻が冷えるので」

女子にとって、冷えは万病の元。とくに下腹部は冷やさないほうが◎。冷え性女子にとってTバックは体調面を考えてNGみたい。

■「はかない」派/恥ずかしい

・「実家住まいなので、母に洗濯してもらうのが恥ずかしいから」

・「布面積が狭すぎて恥ずかしいし、はく意味がわからないので」

Tバック自体は慣れたら平気になるのかもしれませんが、はいていることが他人にバレるのはちょっと恥ずかしいですよね。とくに身内となると、その恥ずかしさも倍増! どうしてもという場合は、自分でこっそり洗濯してください。

続いて「はく」派の理由と、はくときに気をつけていることを教えてもらいました!

■「はく」派/見た目がいい

・「キッカケはデニムが好きなので、パンティラインが見えないようにということでした。22歳からずっと、慣れてしまったので生理中でも毎日Tバックです。生理前や生理中は、Tバック用シートやタンポンを使っています」

・「パンツスーツをはくから。ショーツのラインほど見苦しいものはない」

Tバックには、下着のラインを見せないというメリットがあります。とくに、ピッタリとしたパンツスタイルを好む方に人気が高いよう。バックスタイルにまで気を遣う姿は、かなり女子力高めですね。ぷりっとした形のいいお尻で、男性を魅了しちゃいましょう。

■「はく」派/女子力アップ!

・「セクシー路線で行くため」

・「ムダ毛に気をつけています。緊張感がでるし、下着のラインが透けないから好き」

あえてTバックをはくことで、自分の気持ちを引き締めたい! と考える女子も。セクシーな色気で勝負したいと思う女子は、まずは下着から変えてみるのもオススメかも。ただ、Tバックをはくなら、ムダ毛の処理は必須ですね。

 

ヒップラインが好きなお客様、ご予約の際は「Tバックプレゼント」とお申し出下さいね。

ここだけの話、普通のショーツをご希望であれば対応いたします。